FC2ブログ
 ymtのみでイベント?
2008.05.14(Wed)
『ウルティマ オンライン』でイベント”明日も君と生きるために”を実施
2008/5/13

●少女ヘレナの日記を読むことでストーリーが進行

エレクトロニック・アーツが運営している『ウルティマ オンライン』で、ゲーム内イベント”明日も君と生きるために”が実施される。期間は2008年5月13日~2008年5月26日。この”明日も君と生きるために”は、『ウルティマ オンライン』のイベント専門ボランティアが企画したイベント。Yamatoシャード(サーバー)だけで実施される。


http://www.famitsu.com/pcent/news/1215110_1341.html


いいなぁねたましいなぁymt

キャラはいるけど初期キャラだなぁ
ロギンしてみたらなぜかゼントにいた。

うむ、初期キャラだ。

他の人の報告をじっと待とう。
戦闘ないんだったら初期キャラでも大丈夫だろうか。

とりあえず待とう。



skrの堀氏は着実に成長しております。
堀の楽しさは異常
WS003410.JPG
昨日までのわたくし。
今日はカッパー掘れるようになったぜ!!

ゴキを手に入れたのでキコリもするんだ。
キャラ育成楽しすぎる。

目的は掘り戦士でエレと戦うはずでしたが。
戦闘スキルは全くあがっておりません。

いつものことだ。


skrのベンダをふらふらしていて思うこと

pscがおたかい。
ドラ鎧など異常な安値でうってるのに@4000が見た中で最安値だった
110pscが50k(魔法、剣術など)-1k(窃盗、フォーカス、ステルスなど)

wkkでは499や捨ててあるのを見るというのに。

こういうシャード差というものは楽しいです。

内装がやたらキレイな家多いのを実感しています。
あとRBの中身が見慣れたものとちょっと違う。

全都市RB+ルナムーンゲート、HWなど
ちょっとはみ出る系が別添えで作られてる感じ。
こまやかだなぁと思いました。


そしてskrで起こった奇跡

採掘場所を焼くために育成途中のメイジでブリタニアをさまよう。
いつもリコでピンポイント移動なので土地勘なぞあるわけもなく。

4箇所ほど記憶の限りに見つけてヘイブンへ戻る。


ヘイブン銀行屋上に捨てられているRB発見

タイトル:採掘場・採掘場2


な、なんだと・・・?


ぼくが屋上に上がるまで誰も拾うなと呪いをかけつつ
必死であがる。

中身確認。
全部入ってた。

試しに飛んでみる。
1冊全部確認した結果、全て採掘場。


ああああああ、本当に捨てた人ありがとう!!!!!
大事に使うよ!!

こういう幸運とはあるのだなー
すごいなーー。
skrあいしてる。



wkkに帰ってきたとたんにしゃぶロギン

ちょっと会話していると古参登場。
しゃぶが入れ替わりで落ちる。
そしてクマスキ嬢登場。

入れ替わりで人がクルクルかわっておもしろうございました。


そしてご当地の名産を語り明かした。
しもつかれはやばすぎるなと思いました。
画像検索してみるといいと思います。

飯時はやめたほうがいいと思います。
スポンサーサイト



// 04:04 // 未分類 // Trackback(0) // Comment(3)
<<突き抜けろ | ホーム | skrで遊ぶ>>
コメント
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
// 2008.05.14 // 10:54 // // // edit //
 
遅くまでありがとう。
大変楽しゅうございました~
食べ物の話は、為になるし夢中になるね!
// 2008.05.14 // 16:48 // URL // クマスキ // edit //
 
>名も無きnori
こええよこええよ
用事がなかったら(まずない)思い出作りに参加したいと思います。
後悔なきようオネガイします。

>クマスキ
こちらこそすごい遅くまでありがとう。
食べ物トークはたまらないね!
会話途中にぐぐれるしね!
ネットってちょうべんりー

あともっと食え。
// 2008.05.14 // 19:45 // URL // てつ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
"(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved."